正しいケアで確かな一歩を

接するときの注意点

あまり知られていないうつ病患者との接し方

誰しも悩んだり落ち込んで塞ぎ込んでしまう時があると思います。 ですが大抵は時間が経てば立ち直ります。 しかし近年、うつ病患者は増えてきています。 自分の周りの人や大切な人がうつ病になってしまう可用性も大きいです。 うつ病自体は認知されてきましたが、うつ病になった人に対しての接し方は意外と知られていません。 励ますつもりがひどく傷つけてしまったということもあります。 そのため、病気の症状だけでなく、正しい接し方も広く認知されなくてはいけません。 そうしなければ大事な人を自殺に追い込んでしまう可能性もあるからです。 またうつ病患者と接する自分自身を大切にしてください。 献身的に支えるあまり自分がまた病むこともあるからです。

ゆっくり話を聞いてあげましょう。

接し方自体で病気が治るわけではありません。 治療は必ず医者の指示に従いましょう。薬の服用、診察を続けさせることは辞めさせてはいけません。 しかし接し方で悪化する可能性はあります。 うつ病患者に接する際に言ってはいけない言葉があります。 頑張れと励ましてしまいがちですが、それは相手を追い詰めてしまいます。 大丈夫という叱咤激励の言葉も不要です。 理解を示す言葉も相手には不要です。 ましてや責める言葉などは一切言ってはいけません。 これらの言葉は早く良くなって欲しいという焦りからくることがおおいです。 時間がかかることを良く理解してゆっくり患者の話を聞いてあげることが接し方の中で重要なポイントです。 うつ病患者ありのままを受け入れてあげましょう。