正しいケアで確かな一歩を

焦らず待つ

待つ姿勢を大切にする

うつ病のつらさは、本人と家族にしか分からないものです。また最近は働く世代のうつ病が問題となっており、長期会社を休む人も珍しくありません。もし、身近な人がうつ病にかかってしまったら、無理をせず、本人のペースを尊重していかなくてはなりません。 接し方ですが、決して相手を焦らせてはいけません。例えば職場の人が罹患した場合、いつ頃から会社これるのか、また仕事に対して何かを聞くと言った行為は、さらに症状を悪化させてしまいます。またついつい言葉にしてしまうのが、頑張ってと言う言葉です。この接し方では、相手にプレッシャーを与えてしまい、心の負担となってしまいます。あくまでも、接し方として正しいのは、待つと言う姿勢です。

いつもと違った気分転換が有効

大企業では、うつ病で会社を休んでいる人が珍しくないことから、接し方のマニュアルなるものが存在することもあります。また健康管理室等で、患者への接し方を指導しているところもあります。もし、同僚、もしくは部下がこう言った症状を訴え仕事を休みがちになったら、相談してみることも一つの方法です。 うつ病は、気分転換が非常に効果的です。平日は仕事が忙しければ、土日を利用して小旅行に行ったり、日帰りで温泉に行く等、普段と違った過ごし方をすることが刺激となって良い方向にことが運びます。この時、本人が行くことをイヤがったら、無理強いせず、あくまでも本人のペースに任せます。また美味しいものを食べる、スポーツ等もうつ病に有効です。