ココロクリニック

改善をするために

うつ病は、現在多くの人が発症している心の病気です。そのうつ病は、老若男女問わず多くの人が悩んでいて、また様々な原因によって発症しています。うつ病患者への接し方によって、改善が見込める場合があります。

詳細を読む

防止するため

何事も予防は大切ですが、うつ病も同様に日頃から意識することは大切です。生活習慣を見直すところから始めてみましょう。またうつ病を発症している患者に対しての言葉掛けは、注意が必要です。

詳細を読む

うつ病に負けない

うつ病の接し方について知っておきませんか?家族や友人がうつ病になった時は周りのサポートがとても大切になってきます。

がんばれは禁句。それは有名です。しかし、うつ病との接し方は、それだけではないんです。どう向き合うか、その方法について。

心の診療カウンセリングで自分を知ろう

うつ病に関わる人のなかでは、医師や看護師以外の、カウンセラーという立場の人がいます。病院にいけば医師によっても、自分の最大限の時間をかける人もいます。これは病院の、医師の考え方でもあります。そこで専門のカウンセラーへの、待遇することも有り得ます。そうでなくても周囲の人が、うつ病のサインを善処することが大切なのです。もし単身の場合などは、気さくに話せるデイサービスの利用などをしましょう。医師以外の専門家でも、うつ病と聞けば接し方の技術を、身につけているので安心なのです。またデイサービス以外でも、有料カウンセラーの指導をうけてみましょう。一回当たりの料金は、五千円前後から一万円前後かかることになります。また場合によっては、心の診療カウンセリングとして二十万円前後の契約になるでしょう。

カウンセラーの接し方技術について

誰でもそうだと思いますが、優しい人の気配り程有り難いことはないでしょう。本来ならば、うつ病のカウセラーとは専門家の認証を得ています。優しいだけの心遣いではなく、病気に関する知識を吸収しています。患者側からの気づきや、周囲との協調を促す接し方が求められます。そうといえばカウンセラーが、優しいだけの応対をしないのも頷けます。お薬の力ではなく、対人関係の接し方で、うつ病の克服をしていきます。ともすれば対人関係の反復関係への、疲弊が原因のこともあるでしょう。そうしたうちは、接し方は丁寧な傾聴姿勢を取るべきなのです。もともと優しい人の甘言は、口当たりは良いものの病気の治療とは無関係なのです。だからこそカウンセラという、職業が持ち合わせている能力が高価値になるのでしょう。

かける言葉を選ぶこと

 うつ病は甘えだと言う方もいますが、決してそうではありません。治療の必要な完全な病気なのです。ですから、落ち込んだ人を励ますような感覚で接すると、うつ病の人はさらなる絶望に陥ることもあります。  接し方の基本として、「がんばれ」や「休んでもいいよ」は言ってはならないというのがあります。というのも、うつ病の患者は言葉を額面どおりに受け取ったり、真面目に考えてしまう傾向があるので、がんばれない自分をダメだと感じたり、仕事を休むことが罪だと感じてしまうことがあるからです。  ですから叱咤激励というよりも、希望を込めた言葉や、不安に感じている心を和らげるような言葉をかけてあげると良いでしょう。そうすれば本人もかなり気持ち的に楽になります。

複数の治療方法を併用して

 うつ病の人は常に絶望の狭間を行ったり来たりしています。万が一接し方を誤ると、最悪の事態にもなりかねません。実際うつ病の人が命を絶つのは、むしろ何の前触れも無い、普通のときが多いようです。ですから「今日はすこしましかな」と思っても、常に心を配っておく必要があります。  そのためには、やはり家族などの身近な人が協力して治療にあたることが大切です。もちろん薬も使用しつつ、うつの原因となりやすい環境を改善したり、接し方などを家族が学ぶ必要もあるでしょう。  最近では、自分の思考経路などを紙に記したりして、考え方を変えたり、その原因を探るといった治療方法も見受けられます。  いずれにせよ、うつ病の人への接し方は決しておろそかにしてはいけません。

うつ病の理解と取り組み方とは

現代社会に生きていると様々な事でストレスが溜まります。そのストレスを上手に処理できる人とそうでない人がいます。例えばちょっとした事でも後を引きずって悩んだり、心が晴れなかったりとその状態が長くなるほど回復も難しくなってきます。その為普段の生活が困難になったり、また人と接するのが億劫になったり、接し方が分からなくなったりとそのような状態からうつ病が始ってしまいます。 社会人だと会社を休みがちになったりする方も多く、周りからの理解を得られぬまま退職してしまうという事もあります。そこでうつ病の方との接し方で大切なのは理解を示すことです。本人は大変つらい思いをしているという事を理解して、治療に専念できる様にするのが良い事でしょう。治療の方法は薬物療法と精神療法などがありますが、症状によって治療方法が違ってくるので、できれば早めに病院へ行くことにより適切な治療で治せる病気です。

接するときの注意点

うつ病の患者と会話したり、接したりするときには、注意が必要です。普段何気なく使用している言葉が、最悪の事態を招くこともあります。話もしっかりと聞いてあげることが大切です。

詳細を読む

うつ病発症したら

いつ、どのタイミングで、誰がうつ病になるか分からない世の中です。万が一うつ病になってしまったら、精神科のようなところを受診しながら、治療していくことが大事です。保険も適用されます。

詳細を読む

焦らず待つ

うつ病は、その人や家族にしか分からない苦しさがあります。休むことが治療になることもあるので、焦らずに接していきましょう。働き過ぎな人は、気分転換をすることも大切です。

詳細を読む